離婚はどうやってするの?離婚の種類

離婚と一言で言っても、いくつかの種類があります。離婚の種類によって手続方法や離婚成立までの流れは異なります。ここでは離婚について詳しく説明していきましょう。離婚にはどのような方法があるのでしょうか?

【協議離婚とは?】

協議離婚とは夫婦2人で話し合い、離婚に合意する方法です。この協議離婚が最も一般的な離婚方法と言えます。日本での離婚の90%は協議離婚と言われるほど協議離婚は多いのです。裁判所が関与しない離婚になるため、財産分与や養育費、慰謝料についてなど詳しく取決めする前に別れてしまうケースも多いです。

【調停離婚】

調停離婚は夫婦間での話合いでは離婚が成立しなかった場合、離婚調停の申し立てを管轄の家庭裁判所に申し立てる離婚です。この調停離婚は訴訟を起こす前に調停の申し立てをして、3人の調停委員が夫婦双方から事情を聴きながら解決できるように仲裁してくれます。

【審判離婚】

家庭裁判所で調停が行われたのにもかかわらず、上手く合意に至らなかった場合には、審判離婚になります。審判離婚は2週間以内に当事者から異議申し立てがあった場合に離婚の効果が生じます。

【裁判離婚】

協議離婚の話し合いでは双方の意思がまとまらず家庭裁判所の調停、審判においても離婚成立に至らなかった場合には家庭裁判所に離婚の訴えを起こします。その裁判に勝利すれば離婚が確定するのです。協議離婚、調停離婚は法定離婚原因が必要ありません。しかし裁判離婚においては離婚訴訟を起こすために民法が定められている法定離婚原因が必要になるのです。

離婚にはいくつも方法があります。できれば裁判沙汰になりたくないという方は多いでしょう。離婚問題でトラブルが起こった場合には離婚問題を専門に扱う弁護士に相談するのもよいかもしれませんね。弁護士に相談することでスムーズに離婚が成立するケースも多いです。離婚には時間も労力もかかります。できるだけ負担のない方法で離婚成立したいと思うのは当然のことです。