子供がいる家庭の離婚

離婚をして悲しい思いをするのは子供が多いでしょう。子供には父親も母親も必要になります。しかし離婚にともない両親のどちらかと生活することになりますので精神的負担は大きいものになるでしょう。ここでは離婚に関する親権問題について考えてみましょう。

【小学生以下の子供を味方につけるのはダメ!】

どちらかの親に暴力をふるわれた…などの事例は排除しても、子供は父親も母親も大切な存在であり、どちらにも両方から愛されたいと思っているはずです。本当であれば両親と仲良く暮らしたいものの、親の理由で離婚をするわけですから、しっかりと子供のフォローをしなければなりません。
どちらの親と暮らすのかを決める時には、子供にどちらと一緒にいたいのか?パパとママのどちらかが好きなの?と選ばせてしまうと子供の小さい心は傷ついてしまいます。そのため小学生以下の子供を味方につけて離婚調停を行うのは厳禁なのです。また子供をプレゼントでつることに関しても子供の健全な成長を害する行為なのです。小さい子供でも子供の意思を無視することはできません。

【親権者は子供を相手側に交流、面会させなければいけない】

夫婦間の離婚の原因、責任は子供の問題とは全く別物になりますので、片親に関して面会交流させる必要があります。面会交流をすると、子供が両親から愛されているという意識を高めますので、子供を相手がに交流、面会させる必要があるのです。子供は自分が愛されていると認識すると、健全に発育してきます。子供に幸せにとって面会交流が重要であるということを裁判所でも意識しています。離婚調停中で親と面会交流ができていない場合でも、離婚話を進める前に、面会交流の方法を決めておきましょうと、裁判所から言われることもあるnです。面会交流の期間、時間などはそれぞれの家庭によってことなりますので、しっかりと話合いを持って納得いく結果にするべきでしょう。分からないことがあれば弁護士に相談しましょう。