不倫による離婚の慰謝料について

離婚原因は夫婦によって様々ですが、その中でも多いのが不倫や浮気による離婚です。夫や妻が不倫をしていることに気付くと、された側は非常に精神的ダメージを負います。不倫をした夫や妻だけでなく、その不倫相手にも怒りをぶつけたくなる方は多いですし、実際に慰謝料請求する方もいらっしゃいます。ここでは不倫が原因で離婚した場合の不倫慰謝料の相場について考えてみましょう。

越谷 離婚のサイトで解説してありましたので、こちらも参考にしてください。

【慰謝料とは?】

慰謝料とは精神的苦痛に対して支払われるお金のことであり、法律上では不法行為によって受けた精神的苦痛を埋め合わせるために加害者に支払わせる損害賠償金のことを言います。つまり不倫やDVなどで精神的苦痛を受けて離婚する場合には慰謝料の請求が可能なのです。

【相手に落ち度がある場合に認められる慰謝料】

離婚する際には必ず慰謝料が請求できると考えている方がいらっしゃいますがこれは間違いです。離婚する際にいつでも慰謝料を請求できるわけではなく、精神的苦痛を受けた場合にのみ請求が可能になっています。つまり相手方の故意やミスなど落ち度が必要になるのです。性格の不一致によって離婚する場合や、価値観の相違などによって離婚する場合はとくに相手側に落ち度がありませんので慰謝料は請求できないと考えておくとよいでしょう。

【不倫した際の慰謝料の相場はどれくらいなの?】

相手の不倫が原因で離婚をする場合、慰謝料を請求することができます。この慰謝料の相場はいったいどれくらいなのかよく分からないという方も多いでしょう。基本的に不倫した際の慰謝料は、請求する相手の収入、離婚の原因、結婚期間によって金額が変わります。不倫内容に悪質性が認められる場合は金額が高くなる傾向があります。慰謝料の金額にはかなりばらつきがありますが、裁判上慰謝料の相場は100~500万円前後になるでしょう。請求すること自体は可能なのですが、あまりにも相場とかけ離れた金額を相手側に請求してしまうと相手は支払に応じてくれません。裁判をやみくもにすることになってしまい、お金も時間もムダになってしまいます